思春期の肉割れ

私に初めて肉割れが出来たのは中学生の時でした。体型変化の時期、一気に太ってしまって、太ももやふくらはぎに肉割れが出来ました。しかも内出血も伴って、紫になっている部分もありました。当時は肉割れなんて知識が無かったものですから、皮膚にできた異変が凄く恐ろしかったです。誰にも相談できなくて、これは皮膚の病気なんだろうか・・もしや皮膚がん?そう思って一人、気に病んでいました。

でもそんな心配もすぐに解消されました。肉割れが出来ていたのは私だけでなかったからです。友人も一気に太ったので、肉割れが出来ていました。私だけじゃないって安心感が生まれました。跡が残ってしまうんじゃないか、そう心配していましたが、完全には消えませんでしたが、目立たないくらいには回復してくれました。

そしてその後、妊娠による体重増加とともに、脚にまた激しい肉割れが起きました。でも妊婦にもなれば、肉が割れようが、くっつこうが、もうどうでもいいか・・なんて、半ばあきらめというか開き直っていました。

歳を取ってからの肉割れは、回復力が落ちているせいで、やっぱりずっと目立ちます。でも若い時みたいに、ミニスカートやショートパンツをはくこともないので、別段気にもしていません。

肉割れを消す方法をもう一度読みなおして、綺麗な肌を取り戻したいと思います。

お気に入りは無限ループ

はまっているとそればっかりになっても大丈夫な私。
でもある瞬間突如冷めてそんなものが好きだったことは忘れてしまったかのようになります。

例えば食べ物。
アイスにはまっていたときは毎日食べてもうまいうまいと言っていたのに、ある日ぱったり食べなくなってしまいました。
買いだめしていたストックの消化に悩む日々…。
気分じゃないものは受け入れられないワガママ気質なので、結局旦那に食べてもらったり。
ごめんね旦那。そうやってなんでも受け入れてくれる優しいあなたが好き!(お調子者)

今は、YouTubeでハナレグミというアーティストの「おあいこ」という曲が素敵過ぎて、毎日聴いています。
歌詞がとにかくいいんです。男女のすれ違いを描いた切ない歌なんですけど、キュンとして泣いてしまいそうになります。
情報を見るとRADWIMPSの野田洋次郎作詞・作曲なんだなー…
提供とかしてるんだ。知らなかった。

「僕の明日を 君の目に透かせば 大丈夫になるの」
「君の番 でもそんな顔してちゃ奇跡も 素通りしちゃうよ」
「君が言うとさ 本当になるから やめてよ」

この部分が最高に素敵!
しばらくこのフィーバーはやみそうにないです。
ハナレグミが歌うとどうしてこうも胸にじんとくるのか…。

考え方によって気分は変わリます!

女性同志で集まると、よく誰かの噂話になり、悪口みたいになってしまいますよね。

自分も何年か前に、そんなつもりじゃなかったのに、メールだったために気持ちがうまく伝わらず、関係が悪くなったことがあります。
SNSなどで、独り言のように愚痴ったりしていましたが、私のいない所では何か言われていたんだろうなぁと思います。

誰かに言われたか、何かで読んだか忘れましたが、考え方が違って当たり前で、自分と違うから悪い人かって言うわけではないんですよね。

その考えを意識し始めてから、気分が変わりました。友人と話す時も噂話じゃなくて、近況だったり、面白かった話とか、誰かの話はやめようと思うように気をつけました。

どのくらいの期間だったかは忘れましたが、いつの間にか人の悪口も言わなくなり、他の人が良く思わないと言っている人と話していても、悪く思うのではなく、どうしてみんな良く思わないのか、を理解しようとする自分がいました。

良くないことを考えて、イライラしていると、体も疲れますし、気分も重くなります。

なかなか難しいかもしれませんが、私もこじれた人とどうしても同じ場にいなければならない場面もありましたし、気にしない気にしない、始めはとすごくこらえてガマンしていましたが、今となっては特に気にならなくなりました。

どれくらいかかるか、個人差はあると思いますが、みなさんも意識してみませんか?

コインパーキングを上手に使う

私は車で習い事に行っています。ところが教室の入っている建物で改修工事を行うことになったため、ガレージが使えなくなり、そこに車が止められなくなりました。

そこで教室には車で行くのをやめて、電車で行くことにしました。でも教室は駅から歩いて20分弱のところにあるので、雨の日に行くのは何かと面倒です。路線バスもありますが、電車とバスを乗り継ぐと交通費が高くつくうえに、停留所から教室までは歩いて10分以上かかります。

他方で改めて見直したのが、教室のすぐ近くにあるコインパーキングです。最初の30分間の駐車料金が100円で、その後30分ごとに100円ずつ加算されていくようになっています。私はガレージが満車のときにそこに止めたことがありましたが、2時間半止めて500円でした。これは自宅から電車とバスを乗り継いで教室に行くときの、往復の交通費よりも安いのです。駐車料金にガソリン代を加えても、まだ安いくらいです。

改修工事が始まるまでは、コインパーキングに止めるのはあくまでも例外的な措置だと思っていました。でもガレージが使えなくなった今、雨の日に電車とバスを乗り継ぐよりもコインパーキングを使う方が安く、しかも歩く距離も時間も短くて済むのです。改修工事が終わるまでは、雨の日にはコインパーキングを上手に使おうと思いました。

恋人が欲しい結婚と思う日々

今日はほどほどに疲れました。もうぐうのねも出ないとはこのことですね。
とか思いながら、色々動画を見ていて、全く性への興味がない事に気付きました。
あれはプロレスだと言ったキッズがいたそうですが、相撲とかその辺の格闘技のように見えます。
下らない話ですが。

今日は何をしていたかというと、ひたすらに寝ていましたね。
もう何だか活力が湧かない、ぶっちゃけ恋人が欲しいとそこだけです。出来るか分からないと言っている人も、沢山いると思います。
多分、普通に話していて、普通に仲良くなっていく男女っていると思うのですよ。
問題は、そこではない気もします。

自分は結婚がゴール、家庭がゴールかというと、周りを見ていてどうだろうと思うこともあります。
性のみの人生は嫌ですし、そもそも理想を見ている気もします。
素敵な人イコール自分に完璧に合う人、そうではないと思うんですよね。

人が人である以上、自分も成長していかないといけないと思うのです。
得に付き合い始めはいいけど、嫌な部分が見えてしまって、冷えきってしまうというのは、対人関係が苦手な人には特に多い気がします。
金はなんとなると思いますが、問題はそこではないですよね。相性の一言です。

私の職場とドラマ「下町ロケット」

私の会社の社長は、とてもワンマンです。思考や行動力など、とても尊敬出来る部分も多いのですが、隙がない人で、部下を怒る言葉にも隙がなく、逃げ場がなくなる程です。

そんな社長の元、働く従業員は、「自分の会社を良くしよう」「自分の仕事に誇りを持つ」というのではなく、「社長に怒られないように」という思いが強く、いつも顔色をうかがって仕事をしています。

その結果、自分の意思で仕事をしている従業員がほとんどいなく、成長できない環境になっています。

毎週、下町ロケットを楽しみに見ているのですが、悪役を倒すスッキリ感ばかりではなく、佃社長と社員との関係にいつも心打たれます。
佃社長に異議を申し立てながらも、自分の仕事に誇りを持っている社員。自分と違う意見を持っている社員でも、大きな心で包み込み、信じている佃社長。

皆が本当に佃製作所を愛している事が伝わります。

社長としてどうあるべきか、社員としてどうあるべきか。いつも考えさせられます。
私の会社の社長は、従業員を信頼していないと思います。でもそれは、私たち従業員のせいなのかもしれません。頭の良い社長なので、私たちが考えている事や、行動にイライラする事も多いでしょう。

下町ロケットを見て、もう一度、社長と正面から向き合い、話し合い、従業員としての姿勢を正すきっかけを作ってくれたドラマだと思いました。

『真理先生』を読んで

私は、元々大学が文学部であったので少なくとも大学在籍時はよく小説を読んでいました。

ただ、大学で読むような小説は現実的で暗い内容のものが多く、また暗くはないにしても難解な文章のものが多かったです。

実際、現実問題を客観視したら暗くなるのは当たり前で仕方ないとも感じつつも、もう少し直接的に前向きになれる小説を読みたいと思いました。

また、当時はただでさえあまり明るい話題がなかったのも読もうと思ったキッカケです。今回読んだ小説『真理先生』は、武者小路実篤の作品です。

武者小路実篤は白樺派を代表する小説家作家の一人です。作品の特徴としては、人間の美を描き人間を肯定的とらえようとする傾向です。

代表作とは『友情』『幸福者』などがあります。そそして『真理先生』もそんな小説のうちのひとつで特に感銘を受けた小説でした。

『真理先生』を読んで冒頭で殺しについて真理先生が述べていることが印象に残っています。

いきなり冒頭から人を殺すことが良いか悪いかを述べそこから戦争の話にまで発展していく内容には、一気に惹き込まれていきました。

もちろん、本文では殺しについては「人は他人を殺すような面倒をするよりは、先ず自己が殺されるがいい」と痛烈に批判しています。そして、人間の良さも存分に取り上げており、私も心が洗われるような気持ちになり感銘を受けました。

そして文体も比較的読みやすく本文にあるような「わざと糸をこんがらかして、その糸をほどく競争をしているようなものだ。あたりまえでないことを尤もらしく言うと、わけがわからないので感心する」といったことはなく、平素で簡明だがものすごく考えさせられることを書いてあります。

こういった文章の文体もまた『真理先生』の魅力の一つであり、感銘を受けました。出てくる登場人物も真理先生や常に石ばかりを書き続けている馬鹿一といった、普段我々の日常の中で出会わないような人物たちもまた『真理先生』の魅力であり感銘を受けました。

犬と私とふぁんたの日記

私の飼っている、犬の名前は、ふぁんたといいます。今度の12月5日に4歳になるチワワのワンちゃんです。

つくばイオンのペットショップで母が気に入って、飼ってきました。

飼い始めのころは今まで犬を飼ったこともなかったので、私も家族もお世話するのが大変でしたが、今ではたいせつな家族のひとりです。

散歩は、ひたち海浜公園や、自宅の近所の公園に行って一緒に走ったり取ってこいあそびをして遊びます。ごはんはペットショップや獣医さんに勧めてもらったペッツプランスキンケアプラス成犬用を使っています。

1歳ごろまではペッツプランスキンケアプラスの幼犬用を使用していました。また犬にとってネギ類や果物のブドウはドクになるので与えないように気をつけています。部屋にいるときにはおしっこしないようにおむつをつけています。

つくばイオンのペットショップにはかわいいデザインのおむつやおもちゃがたくさんあってふぁんたくん似合うものを選んで買っています。

一緒に遠くに出かけるときにはワンちゃん用のキャリーバックに入れて出かけます。なかなか入りませんが工夫しておやつをあげながらキャリーバックの中に誘導します。

動物病院は信頼できる場所、私は市川動物病院を利用しています。

医者を選ぶも寿命の内

今年4月、飼い犬のチワワの健康診断をしました。すると、1つの数値だけ、通常の2倍の数値が出ました。獣医さんが言うには、「今、原因を突き止めたところで、治療する方法が無い」というので、それ以上、何もする事はありませんでした。ただ、「半年後、もう1度尿検査をしましょう」とだけ言われました。

同年8月、飼い猫の混合ワクチン接種をする為、動物病院へ行きました。飼い猫は、注射が大嫌いで、生後2ヶ月の時から注射が嫌だと大暴れしていました。今回も同じく大暴れしており、私は1度診察室を出る様に指示されました。ワクチン接種が終わり、診察室へ戻ると、飼い猫は脱糞しており、部屋は大惨事となっていました。

同年10月、獣医さんに言われた通り、チワワを動物病院へ連れて行きました。検査結果は、数値に改善はいられず、獣医さんは「エコー検査やレントゲンが必要」と言いました。しかし、私はチワワにそれらの検査をさせる事はありませんでした。何故なら、獣医さんが行なったのは血液検査だからです。尿検査に比べ、血液検査は約3倍の価格を求められます。可愛いペットですから、お金の出し惜しみはしません。しかし、自分の言葉を忘れ、カルテにその情報を記入しない獣医師に大切な家族を預ける事は出来ません。お金は生活する上でとても大切なものです。もし、本当にチワワに健康被害があるとするならば、自分の行動に責任を持てる獣医さんにお願いしなくてはいけません。そして、その時の為にお金を貯めておかなくてはなりません。

暖かい飲み物がほしい季節ですね。

秋も深まり外もだんだん寒くなって来ましたね。特に、駅でちょっとの時間を待つときでも、何か暖かいもので一時期にしのげるものがあればいいですよね。

そんなときに、私がよく使うのは、やっぱり暖かい飲み物です。数年前までは、よく、私は、駅の自販機でアルミ缶の暖かいポタージュを買って、この缶をタオルに巻いて、カイロがわりに手でもって、目的地に着いたら、この缶に入っているポタージュを飲んでいました。

でも、アルミ缶だったら、1回蓋を開けたら、一気に飲まないと大変だし、時には、分けて飲みたいなと思うときもありますよね。

そんな悩みもあって、結局のところ、最近は、自販機の暖かいアルミ缶じゃじゃなくて、コンビニにあるエキプレッソマシンで飲み物を買って暖かさをしのぐようになりました。紙コップだから、アルミ缶や暖かいプラスチックのペットボトルと比べて、長時間温かさが持続し、蓋をあける密度も小さいので、中身から温かさが逃げず、寒さが入ってこない。また、値段も100円~200円程度と大変リーズナブルな価格だからです。

ちなみに、私は、よくファミリーマートを使います。抹茶、ココア、紅茶と種類が豊富で、トッピング素材もカラメルソース、ココアシュガーと種類が豊富で、しかも、お好みで組み合わせることができるからです。

さて、これからは、日はますます短く、外もますます寒くなります。暖かい飲み物を飲んで皆さん心も体も「ほっと」しましょう。